ブループロトコル

ブルプロCBTをプレイした評価・感想を紹介します

投稿日:

ブループロトコルベータテストブループロトコルのクローズドベータテストに参加していたので、評価や感想を紹介します

ブループロトコルCBT

ブループロトコルのクローズドベータテストは2020年4月23日から4月27日まで行われました。開始時間が遅れたり、何回か緊急メンテナンスもありましたが、それを含めてのテストだったとおもいます。

プレイできたのはゲーム序盤のストーリー、レベル35までの育成、ダンジョンやレイドに挑戦できました。

スポンサーリンク

ブループロトコルはどんなゲーム

クローズドベータテストを触ってみて、ブループロトコルがどんなゲームかなんとなくわかってきました。

メインストーリーはRPGとして楽しめます。こちらは一人で楽しめる感じですね。SF寄りのお話となっていました。

その後はフィールドを探索したり、モンスターや時々出現する強敵モンスターを倒したり、ダンジョンに挑戦したりして素材を集めます。

集めた素材で武器やイマジンを作成して強化する感じですね。モンハンのようなイメージだとおもいます。

MMOなのでコミュニケーションも重要な要素だとおもいますが、ちょっと使いにくい感じでした。改善されていくと良いのかなとおもいます。

グラフィックがキレイです

ブループロトコルベータテスト画面長所は何と言ってもグラフィックがキレイな所です。最新のテクノロジーで作成されているので、他のMMOと比べて後発の有利なところがありますね。

フィールドが広くて冒険している感じがしますね。ただし崖から落ちると死んでしまうので、注意する必要がありました。

キャラクターはアニメ調で描かれています。可愛いキャラやカッコいいキャラクターを作ることができますね。

作れるのは人間だけなので、キャラクリの幅は狭いかもしれません。ネタキャラ的なのも作りにくいとおもいます。

バトル

バトルは回避行動が取れるのが良いですね。モンスターのモーションで攻撃が来るのが分かるので、攻撃が避けやすいです。

パッド操作だと補助ボタン+ボタンという操作が必要になるので、長時間プレイすると少し指が疲れますね。もう少しシンプルにして欲しいかもしれません。

1対1なら戦いやすいですが、複数に囲まれると対処が難しかったです。フィールドでモンスターと戦っていると、自然な形で共闘となるのがオンラインゲームらしくて良い所だとおもいました。

ダンジョンは1人で探索するには難しい感じでした。最初のうちは良いのですが、どんどん敵が強くなってきてソロで攻略するのは大変かなとおもいます。

レイドは20人で戦うので、気軽に参加できる感じでしたよ。

今後に期待したい所

キャラクターが可愛いので、衣装をたくさん追加していって欲しいですね。ポーズやダンスなんかもたくさん欲しいです。

写真撮影モードがあると良いですね。周りの人を消して自分だけで撮影したり、フィルターを使った撮影や、ライティングを変えるとかできると嬉しいです。

その世界に住んでいるという感覚が欲しいです。ハウジング要素があると良いですね。

チャットやUIなど全体的に文字が小さいので、もっと大きくしてもらいたいです。

パッド操作はまだまだ不便なところがあるので、最適化を進めてもらいたいですね。現状は無理矢理パッドでも操作できるという感じでした。

まとめ

ブループロトコルのクローズドベータテストをプレイした評価・感想を紹介しました。

グラフィックのキレイさ、キャラクターが可愛いなど光る部分がありました。ダンジョンのモンスターが強かったので、もう少し簡単にして間口を広げてもらえると嬉しいかなとおもいます。

©BANDAI NAMCO Online Inc. ©BANDAI NAMCO Studios Inc.

-ブループロトコル

Copyright© ゲームブログちゅこっと陽だまる , 2020 All Rights Reserved.