FE風花雪月

FE風花雪月をクリアした感想を紹介します

投稿日:

FE風花雪月Nintendo Switichソフト「ファイアーエムブレム風花雪月」をクリアした感想を紹介します

3つの学級

ストーリーとしては、士官学校の3つの学級のいずれかの担任になって指導することになります。

3つの学級それぞれストーリーが用意されているので、何度もプレイすることができますね。

知っているキャラクターを敵に回して、倒すことになるのは少しとまどいます。

スポンサーリンク

騎士団

今作ではユニットに騎士団を付けることができます。騎士団によってステータスが上昇したり、計略が使えるようになります。

計略は回数制限がありますが、反撃を受けないのでボス戦で活躍しますよ。

難易度

ハード/クラシックでプレイした感想は、簡単だったとおもいます。敵の行動が予想できるようになっているので、安全に戦うことができました。

また天刻の拍動で、プレイ状況を巻き戻せます。失敗してもリセットすることなくやり直せるので、いざという時は助かりますね。

倒されても一時離脱するだけの「カジュアル」も用意されていて、遊びやすくなっていました。

キャラクター

散策での会話や、支援レベルによる会話などキャラクターにスポットが当たっているとおもいます。

キャラクターの性格がしっかり描かれていて、感情移入しやすくなっていました。

育成

風花雪月ではキャラクターを自由に育成することができます。長所を伸ばしてもいいですし、正反対の兵種にすることも可能です。

好きなように育成できるのは嬉しいですね。

ただ最上級職になるためには、育成方針を決めておいた方が良さそうです。使っていないスキルを伸ばす必要があったりと、計画的な育成が求められました。

まとめ

ファイアーエムブレム風花雪月をクリアした感想を紹介しました。支援値を上げると見られる、キャラクター同士の掛け合いが楽しいですね。

学級が3つあるので何度もプレイすることができますよ。

-FE風花雪月

Copyright© ゲームブログちゅこっと陽だまる , 2020 All Rights Reserved.