IT

コピーサイトを作られた時の対策と通報先です

更新日:

自分のサイトがまるごとコピーされたという、本当にあったお話です。

コピーサイト

まさか私のような弱小サイトが被害に遭うとは思いませんでしたが、実際にサイトをコピーされるということが起きました。

サーチコンソールで私のサイトへの大量のリンクがあったので、不審におもい確認するとわたしのサイトとそっくりではありませんか。

画像や文章、サイトの構成などが全く一緒で、そこになぜか家具の商品説明画像が貼り付けられていました。内部リンクまでコピーされていたので、私のサイトへのリンクがされていたんですね。

家具のメーカーに苦情をいれようと思って調べたら、どうやら輸入家具らしく東南アジアで製作されているようでした。

こんなことをして宣伝になるとも思えないのですが、実際にコピーサイトを作られることがあるんですね。

スポンサーリンク

対応策

対応策としてグーグルに著作権侵害で通報しました。こちらのリンクになります。
https://www.google.com/webmasters/tools/dmca-notice?pli=1&hl=ja

米国のデジタルミレニアム著作権法に基づいて、通報が認められるとインデックスを削除してもらえます。グーグルのインデックスから削除されればグーグル検索にかからなくなりますよね。

これでコピーサイトは検索されなくなるので、わたしのサイトへの影響はなくなるとおもいます。

通報は最初受理されませんでした。経緯を説明するように言われたのでもう少し詳細に説明し、コピーサイトであることの証拠を提示しました。

第三者にどちらが真で、どちらが偽であるのかきちんと説明しないといけないので証明が難しいですね。

今回は決定的な証拠があったので、グーグルさんに納得していただけて通報は受理されました。

まとめ

自分のサイトが丸ごとコピーされてしまうという事態が実際におこってしまいました。憤りを覚えますが冷静に対処するのがいいですね。

-IT

Copyright© ゲームブログちゅこっと陽だまる , 2020 All Rights Reserved.