wordpress

テーマSTINGER8でメタディスクリプションを設定できるようにしてみました

更新日:

wordpressのテーマ「STINGER8」でメタディスクリプションを設定できるようにしてみました。

メタディスクリプションとは?

メタディスクリプションとは、検索結果で表示されるサイトの説明文のことです。検索するとページのタイトルがあって、その下にアドレス、その下に3行ほどそのページの本文が抜粋されているとおもいます。

この説明文を自分で設定できるのがメタディスクリプションです。検索画面で自身のページを分かりやすく説明できるのがいいですね。

また検索結果にも影響しますので、SEO対策として行うのが良さそうです。

スポンサーリンク

プラグイン「Meta Manager」の導入

wordpressのメニューのプラグインから新規追加を選択し、「Meta Manager」を検索して探します。

プラグイン「Meta Manager」が見つかったらインストールして、有効化すれば使えるようになりますね。

メタディスクリプションの設定

プラグイン「Meta Manager」を導入すれば初期設定のままでも、各投稿の編集ページにメタ情報という項目が追加されていると思います。

こちらのメタディスクリプションの記入欄に書き込めば、検索結果にここで記入した文章が表示されるようになります。

長文になると表示しきれませんので、120文字程度に収めるのが良いとおもいます。

まとめ

これでメタディスクリプションの設定ができるようになりました。STINGER8はシンプルなテーマですので、カスタマイズしていきたいですね。

-wordpress
-,

Copyright© ゲームブログちゅこっと陽だまる , 2020 All Rights Reserved.